練馬区予防接種情報提供サービス

都内での感染性胃腸炎の流行警報

ノロウイルス等の感染性胃腸炎の都内の患者報告数が、流行警報基準を超えました。
例年、11月から2月にかけての時期は感染性胃腸炎の発生が最も多くなる時期であり、今後の流行拡大に注意が必要です。一人ひとりが手洗いなどを徹底し、感染予防に努めましょう。
<感染性胃腸炎とは>
主にウイルスなどの微生物を原因とする胃腸炎の総称です。原因となるウイルスには、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「サポウイルス」、「アデノウイルス」などがあり、主な症状は腹痛・下痢、嘔吐、発熱です。「ロタウイルス」、「アデノウイルス」による胃腸炎は、乳幼児に多く見られます。
ウイルスを原因とする感染性胃腸炎には特別な治療方法はなく、つらい症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。乳幼児や高齢者では下痢等による脱水症状を生じることがありますので、早めに医療機関を受診することが大切です。
おう吐の症状がおさまったら、少しずつ水分を補給し、安静に努め、回復期には消化しやすい食事をとるように心がけましょう。

<予防のポイント>
① 石けんによる手洗い(特に排便後、調理や食事の前には、その都度、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。)
② 食品は中心温度を85~90℃で90秒間以上加熱
③ おう吐物などが床や衣服に付着した場合は、ふき取って熱湯や塩素系漂白剤で消毒

≪戻る