練馬区予防接種情報提供サービス

平成28年10月1日よりB型肝炎の定期予防接種が始まります

平成28年10月1日から、B型肝炎の予防接種が国の制度により定期予防接種として受けられるようになります。定期予防接種の接種期間は1歳のお誕生日前日までです。
対象者:
平成28年4月1日以降に生まれた方で、1歳に至るまで(1歳のお誕生日前日まで)の方
※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。
回数と間隔:
回数は、3回
4週以上の間隔をあけて2回、さらに1回目の接種から20週以上の間隔をあけて1回
※定期予防接種が開始される前(平成28年9月30日以前)に接種している場合は、上記の接種間隔と回数で、残りの予防接種を受けてください。
接種費用:
無料(区が発行する予防接種票を使用し、10月1日以降に接種してください。)
※予防接種票は、9月中旬頃に個別に送付します。
注意)定期予防接種が開始される前(平成28年9月30日以前)に接種済みの予防接種費用の払い戻しはできません。

詳細については、練馬区ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

≪戻る