練馬区予防接種情報提供サービス

ヘルパンギーナが流行しています

 夏に流行する子どもの感染症に、手足口病やヘルパンギーナなどがあります。
 東京都では、ヘルパンギーナの患者数が増加し、東京都の警報基準を超え、大きな流行となっています。また、0から5歳の報告数が全体の約9割を占めています。
今後もさらに流行が拡大する恐れがありますので、ご注意ください。

<ヘルパンギーナとは>
・エンテロウイルス(主にコクサッキーウイルス)による感染症で、毎年6月から8月にかけて流行します。
・4歳以下の乳幼児に多くみられ、38度以上の突然の発熱、口の中にできる水ほう(小さな水ぶくれ)が主な症状で、1週間程度でおさまります。まれに、髄膜炎や心筋炎が起こることがあります。
・つらい症状をやわらげる対症療法が中心です。ワクチンや特効薬はありません。
・口の中に水ほうができて痛むため、食事や水分がとりにくくなり、脱水症状をおこすことがあります。水分補給に努め、やわらかく、刺激の少ない食事を工夫しましょう。

<感染経路と感染予防のポイント>
・患者の咳やくしゃみなどのしぶきに触れることによって感染します(飛沫・接触感染)。
・感染予防は、手洗い、うがい、咳エチケットが有効です。
 *咳エチケット:(1)咳が出るときはマスクをつける(2)咳やくしゃみの際にはティッシュなどで口や鼻を押さえる(3)咳やくしゃみがほかの人に直接かからないようにする。
・症状がおさまった後も、患者さんの便の中にはウイルスが含まれますので(2~4週間)、トイレの後やオムツ交換の後、食事の前には手洗いを心がけましょう。

詳細については、練馬区ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

≪戻る